紹介する BLBはり灸整骨院の電話番号:0359258324 ネット予約
閉じる×
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

脊柱管狭窄症

  • 腰から足にかけて痛みがある
  • 病院や整体院に通っているがなかなか良くならない
  • 朝起きるときに痛みがある
  • 休憩しながらでないと歩けない
  • 足が痛くて生活に支障が出ている

 

 

専門家が推薦しています

 

推薦の声:虎岩琴恵さん

 

推薦の声:和泉瑠依さん

 

推薦の声:遠藤敦盛さん

 

推薦の声:関貴之選手

 

 

他で良くならない理由

 

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)と診断され病院や接骨院に通っているが、なかなか症状が改善されないと悩んでいる方が多くいらっしゃいます。なぜちゃんと通っているのに改善されないのでしょうか。

改善しない原因のほとんどが、狭くなってしまっている患部のみの施術になってしまい、根本の原因にアプローチ出来ていないのです。多くの病院や接骨院で行われる、湿布・薬・注射・痛い場所へのマッサージと電気治療などを受けられている方は多いと思います。

これらの多くは痛みのある患部だけに注目してしまい、狭窄症になってしまった根本原因にアプローチ出来ていないのです。

症状についての説明

 

脊柱管狭窄症の症状は腰痛、お尻から足にかけての痛み・しびれ・重だるさになります。脊柱管狭窄症の症状として間欠性跛行と言われる特徴的なものがあります。

間欠性跛行(かんけつせいはこう)とは、一定の時間を歩くと腰から足にかけて痛みや痺れが現れ、前かがみになって座って休むと痛みが消えてまた歩けるようになったりする状態のことをいいます。このような症状の出ている方は症状がかなり悪化してしまっているため、出来るだけ早い対処をおすすめ致します。

原因

 

脊柱管狭窄症になってしまう原因としては

・悪い姿勢などによる、骨盤・背骨の歪み

・加齢による骨の変形

・黄色靭帯の肥厚

などがあります。

悪い姿勢などによる、骨盤・背骨の歪み

長年の姿勢の悪さ、デスクワーク中の姿勢の悪さによって骨盤・背骨に歪みが発生し椎間板に過度の負担をかけ、神経を圧迫してしまいます。

加齢による骨の変形

体内の水分量や骨密度の減少、軟骨のすり減りによる骨への負担の増大などが加齢のために起きてしまい、脊柱管を狭めてしまいます。

黄色靭帯の肥厚

椎骨を支える、頑丈な靭帯である、黄色靭帯が肥厚してしまうことによって脊柱管を狭めてしまいます。黄色靭帯が肥厚してまう理由は様々ですが、デスクワークや猫背姿勢、腰椎分離すべり症などがあげられます。

 

当院での改善方法

 

当院では脊柱管狭窄症の本当の原因をみつけるために様々な検査を行います。

1:姿勢や骨盤の歪み

2:筋力の強さ

3:関節や筋肉の柔軟性

4:内臓の不調や固さ

5:日常生活のクセのチェック 

を検査し、脊柱管狭窄症の原因を見つけていきます。

 

脊柱管狭窄症を根本から改善するために、姿勢が崩れ、歪みが出てしまっている方には歪みを整え、固くなっている奥深くの筋肉を深層筋リリースでしっかりほぐしていきます。その後、身体の状態に合わせてセルフケアの方法をお伝えします。例えば『このストレッチを何秒間やった後に、このトレーニングを10回』などできるだけ具体的にお話しさせて頂きます。

もしあなたが脊柱管狭窄症を根本から改善したい!笑顔で日常生活を過ごしたい!と思われていましたら是非一度当院にご相談下さい。

 

1日2名様限定価格

4980円(税込み)

 

 

 

他院とはどこが違う?

皆さんに喜ばれる

当院9つの特徴

1.丁寧なカウンセリング・検査で本当の原因を特定

 

2.説明がわかりやすいと評判 納得・安心できる説明

3.国家資格を持つ施術家による痛みのないソフトな施術

4.ベテラン施術家によるオーダーメイドの施術

5.バキバキしません!ソフトで身体に優しい施術

6.アフターフォローも充実 再発予防もバッチリ!

7.他の院で改善されなかった方が多く来院されます

8.個室でリラックスして施術を受けられます

施術室の様子

9.多くの雑誌で紹介される東京でも指折りの整骨院です

 

 

1日2名様限定価格

4980円(税込み)